弁護士に法律相談をすることと、弁護士を依頼して問題解決をしてもらうことは別のことであるということをまとめた。

自営業だとお世話になることが多い法律相談

Pagelist
自営業だとお世話になることが多い法律相談

法律相談とはどんなものなのか

法律相談というと、弁護士を依頼して多額の弁護士費用を払って、問題を解決してもらうことだと思っている人は多いかもしれません。ところが、法律相談というのは、弁護士に依頼する、一歩手前だと考えたほうがよいでしょう。弁護士を依頼するような、複雑な問題であれば、最終的にその手段がとられることになる場合もあります。

法律相談では、まず、相談者が法律事務所に出向きます。そして、弁護士に、現在抱えている問題を打ち明けます。その際、弁護士が、相談者の悩みや問題について、どんな法律が適用されるのか、その上でどのような結果や効果をもたらすことができるのかについて助言してくれます。相談者は問題解決にかかる時間、費用、方法などを知ることができます。その際、小さな事でも、弁護士に伝えることが必要です。自分の判断で、無駄なこととせずに、本当に、無駄かどうかを弁護士に判断してもらいましょう。自分ではいらない情報だと思っていても、実際には、法的に決め手となるような事実ということもありますので、弁護士には知っている情報は全て話すことをお勧めします。

法律相談を弁護士にしたら、必ず、弁護士に依頼して、問題解決をしなくてはいけないということは全くなく、自力で解決できそうなら、そのようなアドバイスを法律相談で弁護士からもらうことができます。弁護士の判断で、弁護士が介入しないと問題解決が難しいという場合になって、初めて、弁護士に問題解決を依頼します。その際には、かかる費用、時間などを法律相談で教えてもらうことが出来ます。

Copyright 2018 自営業だとお世話になることが多い法律相談 All Rights Reserved.